スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外 ギャンブル

俺は

アルコール、タバコ、ギャンブルと三拍子揃ったギャンブル中毒だ

自分が廃れていくのが楽しい笑笑

まあ、夢と希望だけはなくしてはいけないよね

ギャンブルはほんとはじめないほうがいい

勝てるときもあるが、普通は負ける

負けるとわかってて打つのが一番たち悪い

わや悪い

お酒だけは別によいと思うが

たばこ、ギャンブルだけにはてを出さないでほしい必ず

スポンサーサイト

第14回 不可能

俺は、とにかくアスカちゃんがいないことを願った。

バレたらもう会えなくなるとまで思った。

女の子が来る。かなり可愛くて焦る。

「まみでーす。よろしくお願いしまーす❗」

俺は、その時見てしまった。

俺の友達の一人がアスカちゃんとキスしていた。

なんかわかってはいるもののすごいショックだった。

とにかくバレてはいけない。

「なんで帽子かぶってるのー??ウチもかぶるー!」

まみちゃんに帽子を取られた。

第13回 浮気

高校の同級生の宴会の後

友達四人くらいでキャバクラにいくことになった。

友達のひとりが、良い店あるんだよねと言う

それはアスカちゃんのいる店だった。

まずい、と心の中で思う。

何度か行ってるし、延長とかしたりで長いこといるのでスタッフにはもうかなり知られている。

どうにかアスカちゃん以外を指名できないものかと考える。

俺は、少し変装していくことにした。

普段かけていない眼鏡をかけ、マスクをして、帽子かぶって、

でもそれだと不審者だからマスクは外すことにした。

そして、お店につく。

四名様ですね?

黒服さんが言う。

指名とかありますか?

いえ、特にないです!

自分が言ってしまった。

第12回 帰途

ホテルまでの帰り道の途中、

ふらふらと歩いていると、

「わぁー!」

と、小さく声がした気がした。

アスカちゃんの声だ。

そう思った。

好きで好きで、でもなにもできなくて辛くて

告白しよう。

そう決めた。

フラレて当たり前だし、告白しなかったら後悔しかないだろう。

アスカちゃんにLINEする。

「また次も同伴よろしくね。」

第11回 儚き恋


マルボロのブラックメンソールを取り出す。

アスカちゃんがライターで火をつけてくれる。

アスカちゃんも涙目だった気がした。

もう少しで時間だ。

俺はとにかくキスしたり、抱き締めたりした。

言葉を交わすわけでもなく。

本当に好きだ。

釣り合うとか、人間として天と地の差があろうが、ただただ目の前の女の子が好きで仕方ない。

黒服さんが来る。

「申し訳ありません。そろそろお時間です。」

プロフィール

mongomeri48

Author:mongomeri48
はじめまして。
とにかく彼女がほしい。そんな方々のためのブログを
書きたいと思っています!
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。